Home / 注文住宅 / 注文住宅を選んでよかった

注文住宅を選んでよかった

3年前に注文住宅を購入しました。当時建売住宅にするか注文住宅にするかとても悩みましたが、注文住宅を選んでよかったと思っています。家探しをする際にいくつかの建売住宅も内覧させてもらいました。建売ということで既に完成した家を見るというのは、そこに住んでいる自分を想像しやすく、建物価格も最初から明確になっている為、ある意味とても安心できました。

しかし外観やおおよその間取りに不満がなくても、どこかに妥協できない点がある住宅が多かったのです。全部屋最低6畳以上を希望していましたが、一部屋だけ5畳程度になってしまう物件が多かったり、風通しの為の窓が少なかったりしました。いくつか見て回ったうえで、建売ではなく注文住宅にしようと決意しました。注文住宅を購入するのには大変なエネルギーが要ります。理想とする間取りを作るにしても、土地の形や予算の都合で十分な広さが確保できないこともあります。

なんとか間取りが決まったところで、次は内装を決めなければなりません。毎日毎日内装のサンプルやカタログを見て想像を膨らませるのは、本当に大変でした。しかし、その苦労を超えて作り上げた理想の家は、とても住みやすく安らげる空間になっています。生活の基盤となる空間を諦めなくて本当に良かったです。

マイホームはやっぱり注文住宅

そろそろ夢だったマイホームを建てようかと夫とはなしています。建売も検討してみたのですが、やはり自分達で作っていく感じが良いので注文住宅に決めました。色んなハウスメーカーさんを回ったのですが、行き詰ったところでとても熱心に考えてくださる工務店さんに出会いました。こんな間取りにしたい。ここはこんな色がいい。階段はリビングに。吹き抜けもほしい。床は・・・etc。様々な無理難題を言ってしまいました。

その工務店さんは、社長さんが自ら話を聞いてくれて、設計もしてくれて、色んな提案もしてくださいます。無理なものは無理とはっきり言ってくださいますし、こうするともうちょっと明るく見えるよ、とアドバイスしてくださったり。現在2回目のプラン作成中です。きっとステキなマイホームになるだろうと思います。注文住宅は私たちの家族構成や年齢、生活スタイルに合わせて作っていただけるので、大変ありがたいです。今は狭いアパート暮らしですが、早く子供がお庭でのびのびと遊んでいる姿を見たいなと思います。

注文住宅で注意すべきところ

私は去年の5月に注文住宅でマイホームを建てました。依頼先を決める際に、注文住宅について様々なメーカーの営業の方にためになる話を聞きました。特に気になったのは建築中の現場で注意するところです。まず、いつ見学に行っても建築現場が整理整頓されてない場合は要注意です。きちんとした会社であれば、現場監督が定期的に現場をチェックしに行きます。いつも現場が散らかっているということは、現場監督がたまにしか来ないか、職人のレベルが低い場合が多いらしいです。

工事が早すぎる場合も要注意です。家を建てるには順番があり、時間がかかる工程もあります。特に重要なのが地盤改良と基礎工事で、この工程に手抜きがあると家全体の欠陥につながります。例えば、基礎工事のコンクリートを型枠に流して固まるまでは、ある程度の時間が必要になります。しかし、悪質な業者は工期を短縮するために、コンクリートが完全に固まる前に土台を乗せてしまうそうです。欠陥住宅にならないように、建築中の現場には頻繁に足を運んだほうが良いと思いました。

参考:https://www.universalhome.co.jp/iebana/makehouse/346.html

とてもエコな注文住宅かな

最近近所で家が建ち、中を見せてもらう機会がありました。その建物が一風変わった作りになっていたのです。それは古材を再利用して使うという注文住宅でした。古民家を解体し出た桁や梁、柱などを使い新築に使う方法なのですがこれがまたかなり良いのです。昔の家は材料1つ1つが大きくなっています。今じゃありえないくらいのサイズの物もあり30cm位の大黒柱も珍しくありません。梁などは木の丸みや曲がりをそのままいかしてあるようになっていて普通では見たことのない組み方になっています。

それに木自体の色合いがまたとても良く、昔は家事で家の中で火を使っていたせいか木が煙でいぶされ赤茶色なのです。この材料をすべて見せて使ってあったのですが木の存在感を感じられる良い雰囲気でした。注文住宅はその人の個性がそのまま出ると思います。ハウスメーカーにも注文住宅がありますが、ある程度規格に決まったものから選択肢しメーカー独自の材料を使うことがほとんどです。どうせたてるならば規格外のものを自分で考え形にしたいですね。お金はそれ相応にかかってしまいますが。

床下暖房を取り入れた注文住宅

注文住宅は、ハウスメーカー等が建設する既製プランとは違い、施主が望む家の形を工務店や設計家と協力して建てる住宅の事をいいます。私達の場合も、当初はハウスメーカーのプランを検討していたのですが、その中に床下暖房の家というものがありました。床暖房とは違い、床下にあるスラブを深夜電力で暖めて、昼間はその輻射熱で家全体を暖めるというものです。

いわゆる全館暖房に相当し、トイレや浴室も含めた全ての部屋が同じ室温ですから、ヒートショック等の危険性がなくなります。老齢の親をもつ私達にとっては、親だけでなく自分が老化した後も考えると非常に魅力的なものでした。ただ、これをハウスメーカーで建てようとすると予算的に非常に厳しいものがありました。あきらめきれない私達は、別の中堅工務店に相談したところ、予算内でも床下暖房の家を建てられるとの返事を頂きました。もちろん、間取りを自由に設計できました。一番の目的は、床下暖房を取り入れた家を建てる事でしたが、注文住宅のメリットは間取りも自由に設計し、自分の望む家の形を満足するまで追求できることです。

結果的に床下暖房を含めた様々な要望を取り入れた家を建てることに成功しました。また昨年の厳冬期は、床下暖房が大活躍して、非常に暖かい生活を送ることができました。ハウスメーカーの勧める既製住宅もそれなりにメリットはあるのですが、自分の考える形で建てられる注文住宅は建てた後も「これが自分の家」と自慢できるものがあります。色々と準備期間はかかりますが、じっくりと建ち上がっていく家に対する満足度は全然違いますので、予算が許せば、ぜひ注文住宅で建ててみましょう。

参考:https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/13183068673/