Home / 注文住宅 / 自分の理想の家があるなら、注文住宅を建てよう

自分の理想の家があるなら、注文住宅を建てよう

家を建てるなら注文住宅をおすすめします。自分の住みたい理想の家はそれぞれ違います。人によってはキッチンを広くしたい、リビングを大きくとりたい。庭を作ってガーデニングを楽しみたい、収納をたくさん欲しい。他の家とは違った部分が欲しいと思う人は、思い切って注文住宅で家を建てた方が満足できるでしょう。しかし、家の土地によってはいろいろあきらめなくてはいけない部分もあります。リビングの日当たり、道路の幅、自分ではどうしようもない部分で間取りなどを変えなくてはいけないときもあります。

そういった場合は、建築士の人ととことん話し合い、自分が満足できるまで設計をしてもらいましょう。家は一生に一度、建てるか建てないかといわれるものです。変に妥協して後悔はしたくないはずです。失敗しない注文住宅にするためにも、家の担当者などに自分の意見をしっかりいい、相談にのってもらいましょう。気の合わない担当者は変えてもらうぐらいの意気込みで、理想の注文住宅を建てることを目指していきましょう。

女性にとっての注文住宅のメリット

一戸建てを購入しようとするときに、建売住宅を購入するか、注文住宅を購入するか迷うかと思います。建売住宅は初期費用は安いです。しかし、その後タンスが必要だとか、機能が欲しいとした時に改造が必要ですし、家具を購入する必要があるのです。それに比べて注文住宅はある程度将来にわたって予想できることについて、あらかじめ作っておくことができるのです。そのため、若干初期費用が高いのが注文住宅の特徴なのです。例えばウォークインクローゼットです。注文住宅ですとかなり広く作ることができます。

また、女性にとっても注文住宅は大きなメリットがあります。それは、特にキッチンにあります。最近の女性は背の高い人が多いのです。一般的なキッチンでは低いので猫背になってしまい、毎日の料理を作ると肩こり、腰痛などの原因にもなりかねません。ショウルームなどで実際に器具を使ってみて高さを調節することができるのが女性にとって注文住宅のメリットなのです。

参考:https://www.hng.ne.jp/theme_list91.html

一戸建ての注文住宅は意外に手が届く

一戸建ての注文住宅というと高いイメージがありますが、最近は注文住宅といっても半注文住宅のような物件もあるので意外と手が届きやすいのです。一般的な注文住宅では設計から始めて家主の細かな注文まで聞くのでかなりの時間がかかります。それに対して半注文住宅は、すでにある程度の間取りはできていて、それに対して、壁の有無や窓の位置、納戸の向きなどを変更できるものです。

どんなことでも自由にというわけにはいきませんが、自分の意見を間取りに取り入れることができるので住み始めてからも満足感が得られるでしょう。施工業者としては、ある程度の間取りは決まっているので施工しやすく、予算もたてやすくなります。内装の変更などは業者間での調整となるのであまり問題にはなりません。業者も購入者もともに満足できる半注文住宅なら手が届きやすいのです。今まで一戸建ての注文住宅は手が届かないとあきらめていた方、ぜひ物件を探して手に入れてみてください。

注文住宅はハウスメーカーそれとも工務店

建売住宅ではなく、やはり住宅は注文住宅でというのが、一生の買い物ともいわれる自宅に関しては多くの方が考えることではないでしょうか。では、注文住宅にする場合、ハウスメーカーがいいのか、工務店がいいのか、それに悩むのではないでしょうか。一生の買い物であることを考慮すると、「安心感」や何かあったときの「保障」も大事な要素です。そうした観点からハウスメーカーを選ぶ方も少なくありません。しかし、もし信頼のおける、そして腕のいい工務店であることが、友人知人の紹介などでわかっている場合には、ぜひ工務店さんにも見積もりを作ってみてもらってください。

ハウスメーカーで作った見積もりを持って、同じような感じで作ってほしいと頼むこともできるでしょう。これは住宅だけに言えることではありませんが、会社がある程度大きくなるとそのための組織経費が掛かりますので、費用がかさみます。しかし工務店の場合、そうした経費が不要なこともあり、多くの場合、ハウスメーカーと同等のものが安価にできることも少なくありません。なにはともあれ、見積もりを取ってみましょう。

参考:https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chumon/c_knowhow/komutentoha/

注文住宅は拘りを満足に変える事が可能なのです

注文住宅は予算に応じて、様々な部分を調整する事が出来ます。例えば、お風呂に拘りを持つ人はお風呂にはお金を掛けたいと思うでしょうし、台所を広くして作業効率を良くしたいという人は、大型のシステムキッチンを導入したりします。しかし、お風呂を広くしたり、大型のシステムキッチンを導入すれば予算オーバーとなる事も多いものです。しかしながら、予算オーバーとなった分、どこかで削れば予算の中に収まる事もあるわけで、これが注文住宅の利点でもあるのです。

要は、拘る部分にはお金をかけて、拘らない部分は節約をするという事です。これらは、注文住宅を建築する人の拘りを上手く調整する事が出来るもので、建売住宅などでは得られない魅力でもあるわけです。仮に建売住宅で、お風呂をもっと大きくし、その代わり一部屋を小さくしたいと言う事は基本的に出来る事ではありません。しかし、注文住宅であれば、お風呂を大きくする代わりに家を少々小さくして建築部材を節約するという事は可能なのです。ポイントをしっかりとおさえておくことで、コスト削減を可能にした住宅を建てることが出来るのです。
 

参考:https://pitali.jp/3255#toc6